Salon de Rejue 代表
永本 羚映子 PROFILE & MESSAGE



 

2002年の6月、東京・広尾に「サロン・ド・リジュー」を開業いたしまして、おかげ様で16年目を迎えます。
こうしてこの年を迎えることができましたのも、サロン・ド・リジューにお越しくださった多くのお客様の支えと、サロンに関わってくださった多くの皆様のおかげだと、心からの感謝を申し上げます。 
この十数年の時の経過と共に、「頭皮ケア及びヘアケア」の分野は大きな成長を遂げ、いつからか美容の分野で「ヘッドスパ」は一つの柱となり、今日では重要なファクターにまで成長を果たしました。 
単に気持ちが良いだけのリラクゼーションから、きちんとした結果の出る本物の頭皮(スカルプ)ケアを強く求められていることを感じております。
本年はこの課題をさらに追求し、これまで以上にお客様にご満足いただけるよう、基本を大切にしながらも、進化した施術を目指してまいります。
また、サロンでお過ごしいただくお時間が、より快適で充実したひとときとなりますよう、新しいメニューなどもスタート予定でございます。

Salon de Rejue 代表
永本 羚映子 PROFILE & MESSAGE



 

2002年の6月、東京・広尾に「サロン・ド・リジュー」を開業いたしまして、おかげ様で16年目を迎えます。
こうしてこの年を迎えることができましたのも、サロン・ド・リジューにお越しくださった多くのお客様の支えと、サロンに関わってくださった多くの皆様のおかげだと、心からの感謝を申し上げます。 
この十数年の時の経過と共に、「頭皮ケア及びヘアケア」の分野は大きな成長を遂げ、いつからか美容の分野で「ヘッドスパ」は一つの柱となり、今日では重要なファクターにまで成長を果たしました。 
単に気持ちが良いだけのリラクゼーションから、きちんとした結果の出る本物の頭皮(スカルプ)ケアを強く求められていることを感じております。
本年はこの課題をさらに追求し、これまで以上にお客様にご満足いただけるよう、基本を大切にしながらも、進化した施術を目指してまいります。
また、サロンでお過ごしいただくお時間が、より快適で充実したひとときとなりますよう、新しいメニューなどもスタート予定でございます。

私どもは頭皮と髪に特化したケアのためのサロンとして、日々お客様のお悩みに耳を傾け、より的確にお悩みの解消に貢献できるよう努める中で、頭皮ケアの新たなメカニズムを顧問医師と共に究明し、「頭皮毒デトックス」という考え方を導き出しました。
「頭皮毒」とは、酸化した有害物質のことで頭皮や髪に深刻な影響を及ぼします。
健康で美しい頭皮と髪の蘇生のためには「頭皮毒」を取り除く抗酸化が鍵となり、その抗酸化の原因となる「油(脂)」が問題となるのです。
このメカニズムを基に、新たなオリジナル育毛商品「H&Aスカルプスキンセラムgr(グロー)」を開発し、そして昨年には健やかな髪と頭皮を育てるための「H&Aスカルプスキンgrシャンプー」「H&Aスカルプスキンgrトリートメント」を誕生させて、gr(グロー)シリーズのラインナップが更に充実したものとなりました。
頭皮や髪の毛でお悩みを持つ多くのお客様にご愛用いただき、メディアでも多くお取り上げいただきましたこと、とても感謝しております。
こちらのgrシリーズと共に、15年来のロングセラーを誇る「H&Aシャンプー&トリートメント」をはじめとしたH&Aシリーズが、皆様の健やかな頭皮と髪を育てるために、これからもお役に立てることを心から望んでおります。
 
髪は若さのバロメーターであり、髪のコンディションはひとりひとりの心身の健康を表すもので、だからこそ、とても大切です。
美しい髪は宝石以上の輝きをもたらしてくれます。
今この時だけでなく、これからの「5年先、10年先の頭皮と髪のために」しっかりとケアに取り組んでまいりましょう。
ひとりでも多くの方々に、美しく健康な髪を手にしていただき、毎日を前向きに頑張っていただきたいです。
それがなによりの変わらぬ願いです。
これからもオープン当初に目指した「お客様に対する思い」だけは、決して忘れることなく、健康な頭皮と美髪作りのためにスタッフ一同、真剣に取り組んでまいります。今年もどうぞよろしくお願いいたします。 


1961年東京生まれ。株式会社博報堂を退職後、株式会社紀文にて役員秘書として勤務。
自分の年齢が30代後半を迎えた頃、いつまでも若々しく健康でいるためには?と「Anti-aging(アンチエイジング)」という分野に関心を持ち、栄養学やトレーニング、心療療法、アロマテラピーなど、様々な分野について勉強を始める。
なかでも髪の毛は若さのバロメーターであり、その人それぞれの生活の質が表れやすいことに気付き、髪や頭皮に強く関心を抱くようになる。
髪を美しく健康に蘇らせるためには、その土台である「頭皮」へのアプローチも大切であるため、本格的に取り組むために美容医学も学び始め、きちんとした結果の出る本物のヘアケア&スカルプケアを追求。
その後、学んだことをひとりでも多くのかたにフィードバックし、ヘアケアとスカルプケアの重要性を広め、髪や頭皮にお悩みを持つ方々の手助けになりたいという思いから、2002年東京、広尾にサロンをオープン。まだ「ヘッドスパ」という言葉も誕生していなかった当時、美容院のサイドメニュー的な位置づけでしかなかったヘアケアとスカルプケアに特化した専門サロンは珍しく、大きな話題を呼ぶ。
サロンオリジナルのメニュー開発及び、お客様からいただく声を生かしたヘア&スカルプケア用品の研究開発にも着手し、販売も行っている。
<所有資格 団体名>
■ 毛髪診断士 日本毛髪科学協会
■ 日本抗加齢医学会 学会員
■ 健康医療コーディネーター
■ AMERICAN HORISTIC COLLEGE OF NUTRITIONにて、栄養学の学位習得(ホリスティックヘルスアカデミー)
■ IAA国際アロマニスト IAA国際アロマニスト協会
■ 玄米菜食 マクロビオテックコース修了(ナチュラルフードコーディネ―ターの第一人者である、花田美奈子先生と滝田美智子先生の講座)

1961年東京生まれ。株式会社博報堂を退職後、株式会社紀文にて役員秘書として勤務。
自分の年齢が30代後半を迎えた頃、いつまでも若々しく健康でいるためには?と「Anti-aging(アンチエイジング)」という分野に関心を持ち、栄養学やトレーニング、心療療法、アロマテラピーなど、様々な分野について勉強を始める。
なかでも髪の毛は若さのバロメーターであり、その人それぞれの生活の質が表れやすいことに気付き、髪や頭皮に強く関心を抱くようになる。
髪を美しく健康に蘇らせるためには、その土台である「頭皮」へのアプローチも大切であるため、本格的に取り組むために美容医学も学び始め、きちんとした結果の出る本物のヘアケア&スカルプケアを追求。
その後、学んだことをひとりでも多くのかたにフィードバックし、ヘアケアとスカルプケアの重要性を広め、髪や頭皮にお悩みを持つ方々の手助けになりたいという思いから、2002年東京、広尾にサロンをオープン。まだ「ヘッドスパ」という言葉も誕生していなかった当時、美容院のサイドメニュー的な位置づけでしかなかったヘアケアとスカルプケアに特化した専門サロンは珍しく、大きな話題を呼ぶ。
サロンオリジナルのメニュー開発及び、お客様からいただく声を生かしたヘア&スカルプケア用品の研究開発にも着手し、販売も行っている。
<所有資格 団体名>
■ 毛髪診断士 日本毛髪科学協会
■ 日本抗加齢医学会 学会員
■ 健康医療コーディネーター
■ AMERICAN HORISTIC COLLEGE OF NUTRITIONにて、栄養学の学位習得(ホリスティックヘルスアカデミー)
■ IAA国際アロマニスト IAA国際アロマニスト協会
■ 玄米菜食 マクロビオテックコース修了(ナチュラルフードコーディネ―ターの第一人者である、花田美奈子先生と滝田美智子先生の講座)

一般社団法人 分子整合医学美容食育協会
ファスティングマイスターは、美容と健康と食育のスペシャリストの資格制度です。
各分野に特化するのではなく、美容と健康と食育を総合的に学ぶことでファスティングと関連する総合的な知識を獲得し、元気で健康で美しいライフスタイルに活かすことができます。
 

健康医療コーディネーター
日本健康医療学会とは、医師や歯科医師のみならず、健保組合、企業などを含めた健康に関連する幅広い分野の医療関係者の健康医療、生活習慣病、末病、健診など、予防を中心に新しい医療を積極的に推進することを目的として設立。
健康医療コーディネーターは、保健師の方や健康医療に従事させている関係者も多く習得されている資格であり、資格試験は満点で合格。
 
 
 
AMERICAN HORISTIC COLLEGE OF NUTRITION in U.S.A.
アメリカの栄養学の通信教育を受け、2011年春に学位を取得。
健康な頭皮と美しい髪を蘇生するためには、「毎日どのようなものを食するか」も影響し、サプリメントを含め、もっと深く学ぼうと決意。
ヘアケアサロンの経営者・商品開発者として必須だと思い、数年かけて勉強を続け取得。
 
 
 
マンマチアー委員会参加
マンモグラフィーの推進運動を行っている「マンマチアー委員会」にも参加し、化学療法を受けた方、術後の毛髪ケアのご相談、サロンでのケアなどにも取り組む。
写真右は美容医療ジャーナリストの増田美加さん。

 

 

健康医療コーディネーター
日本健康医療学会とは、医師や歯科医師のみならず、健保組合、企業などを含めた健康に関連する幅広い分野の医療関係者の健康医療、生活習慣病、末病、健診など、予防を中心に新しい医療を積極的に推進することを目的として設立。
健康医療コーディネーターは、保健師の方や健康医療に従事させている関係者も多く習得されている資格であり、資格試験は満点で合格。

 
 
AMERICAN HORISTIC COLLEGE OF NUTRITION in U.S.A.
アメリカの栄養学の通信教育を受け、2011年春に学位を取得。健康な頭皮と美しい髪を蘇生するためには、「毎日どのようなものを食するか」も影響し、サプリメントを含め、もっと深く学ぼうと決意。ヘアケアサロンの経営者・商品開発者として必須だと思い、数年かけて勉強を続け取得。

 
 
マンマチアー委員会参加
マンモグラフィーの推進運動を行っている「マンマチアー委員会」にも参加し、化学療法を受けた方、術後の毛髪ケアのご相談、サロンでのケアなどにも取り組む。
写真右は美容医療ジャーナリストの増田美加さん。